アメリカ旅行の魅力と注意点

初めての海外旅行~持ち物は大丈夫?~

国内旅行はしたことあるけど、海外旅行は初めて……なんて人は多いかと思います。国内と海外では言葉も違うし、通貨も違うしその他にもいろんなことの違いに戸惑うばかり。見たことないものを見てみたい!でも、知らないところはとっても怖い。皆さんも経験したことあるかと思います。そんな人の為に今回は海外旅行へ行くときのあると便利、持っていけないものを紹介します。

液体物は持ち込み制限が有ります。飲み物に限らず、化粧水などのすべての液体物共通です。小さい容器に小分けして持っていきましょう。もちろんのことですが危険物もダメです。ここで盲点なのはハサミが持ち込めないということコスメポーチなどの小さいハサミも注意してください。どうしてもって人は大きいキャリーバックに入れておきましょう。

初めてのアメリカ!どんなことに注意したらいいの?

いよいよ観光スタート!でも不安なことも…そこで、ここでは現地についてから注意すべき点を紹介します。

最初に、お金は細かくして持っておいた方が怪しまれません。というのも日本では馴染みがありませんが、アメリカを代表とする諸外国では偽札の問題を抱えているところが多いのです。したがって、大きい額(100ドル札など)を嫌がる店も少なくありません。お金は大きくても20ドル札までにしましょう。最後にその国についてたくさん調べておいてください。特に宗教は日本人には関係ないと思っているかもしれませんが、宗教を知らなかったせいで事件に巻き込まれるケースが多発しています。アメリカはそこまでではありませんが、中東、インドなどは特に気を付けた方がいいです。

これらのことを頭の片隅に入れて、海外旅行を存分に楽しみましょう!

初めての海外旅行一人旅!チェックしておきたい役立つアイテム

一人旅に便利!持って行くと役に立つアイテムはコレだ!

友達や家族とみんなでワイワイ行く旅も楽しいですが、一人で自由きままに行く旅も魅力的ですよね。そんな一人旅ならではの、持っていると便利なグッズを紹介します。

まずは、バックパック。全ての荷物を入れる荷物入れをスーツケースからバックパックにするだけで、軽快になり、旅の行動が楽になります。海外では、荷物からちょっと離れただけで、あっという間に盗まれてしまうというケースもあります。肌身離さず持っていることができるバックパックは安心ですよ。

そして、一人旅ならではの役立つアイテムが本です。時間に忠実な日本とは異なり、待たされることも多い海外の旅では、待ち時間が増えることも。そんな時に、時間をつぶす本が役に立ったと言う一人旅旅行者は少なくありません。本が重いと言う人は電子型のものを持参してもよいでしょう。

一人だけど盛り上がりたい!こんなグッズで気分をアップ

一人だと気ままでいいけれど、誰かと気持ちを分かち合うことができない寂しさもあります。そんなときに便利なのが、カメラ。写真を撮ることで、その時の感動を残しておくことができ、帰国後、親しい人に写真を見せて報告することで、感動のおすそ分けをすることもできますよ。また、国によっては、カメラが現地の人との交流のきっかけとなることもあります。旅の思い出作りのためにも、楽しみをアップさせるためにも、持っていくと役に立つアイテムの一つと言えるでしょう。

そして、鉄道やバスでの移動の際に気分を盛り上げてくれるのが音楽です。車窓から異国の風景を眺めながら、自分の好きな音楽を聴いていると気分が盛り上がること、間違いなし。音楽を楽しめるグッズは一人旅を盛り上げる必須アイテムと言えるかもしれませんね。

中国観光には良いところが

自然を堪能できる国です

中国観光というものは、かなりよいところがあります。例えば、一つに大自然を堪能できる、ということがあります。非常に自然が豊かな国です。まさに山水画の世界の入ったような感覚に陥ることができるところも多いのです。また、食事も楽しむことができます。中華料理というのは、世界的に親しまれているものです。その本場のものを堪能することができるのです。これはかなり大きなメリットであるといえます。また、歴史的な遺物を観光することもできます。さすがに歴史が長い国であるわけですから、いくらでも観光するべき歴史的な建造物はありますから、そこもお勧めできます。

建造物としてはまずは

建造物としては、まずは、万里の長城なんかはとてもお勧めできます。世界遺産でもありますし、宇宙から見ることができる唯一の人工物、という壮大なものでもあります。ちなみに全長は8000キロメートルを超えており、日本列島で言えば、二つ半くらいの長さになります。これほどまで大きなものは、今後、人類は作ることかできないだろう、といわれているくらいです。ですから、一見の価値があることは確かであるといえます。また、そこまで費用がかかる国ではない、ということもあります。何しろ、中国はまだまだ日本に比べたら、物価は安い国だからです。

中国は何回でも旅行に行く価値があります

何度でもいけるところがある

中国と言うのは、見るところがいくらでもありますから、何回でもいく価値があります。数回行ったところでまったく足りないといえます。ですから、十分に行く価値はあります。まず、自然です。大自然を堪能することができるところであるといえますから、風景を楽しむことができます。泰山とか黄山とかそうした山もよいですし、黄河、長江といった世界的に有名な河もあります。湖もたくさんあります。また、歴史的な建造物も多いです。例えば、万里の長城がありますし、さらにいえば、紫禁城とかもあります。孔子廟とか歴史的に価値のある関所なんかもあります。

大きなことが好きな国であり食事も美味しい

とにかく大きなものが好きな国ですから、建物もそうですし、自然もそうです。ですから、非常に見応えがあることは間違いないです。それと中国では食事を楽しむことができることも多いです。世界三大料理と謳われるほどのものなのです。ですから、美味であることは間違いないです。そのため、本場の中華料理を目的に旅行をする人がいるくらいです。ちなみに地方によって、かなり味付けが違うことが多いです。あれだけ広いのですから、それは仕方ないことです。その地方に合った食事を楽しむことも旅の醍醐味の一つであるといえますから、しっかりと楽しむことです。

旅行で電車に乗る時の座席の決め方

便利な一番後ろに座る

旅行に行く時には電車に乗ることが多いと言う人はたくさんいるでしょうが、特急などで指定席をとる場合に、どこの席に座るかによって快適さと言うのが結構変わってきますので、注意しておきたいところです。

例えば、一番後ろの席に座ると、当然自分の後ろには人が座らなくなりますから、後ろの人がテーブルを使う時の振動音を気にする必要がありません。また、シートを遠慮なく倒すことができて気軽です。

その他、一番後ろの席と言うのは、シートの後ろのスペースに余裕がありますから、ここにキャリーバッグなどの大きな荷物を置くことができて便利なものです。

トイレの近くを避けて座る

電車の席を指定して移動する際には、トイレの近くにするかどうかによって快適さが変わってきます。トイレが近い人や洗面室をよく利用するような人は、距離が近い席に座った方が楽ですが、良いことばかりではありませんので、注意が必要です。

トイレから近い席と言うのは、目的地に到着するまでの間に、トイレを利用する人が何人も行き来することになります。移動時間が長いと結構な人数が行き来することになり、落ち着かないものです。ですから、一度乗車したらあまり立ちあがらない人の場合には、トイレからなるべく遠い席に座った方が快適に過ごせるものです。